HISTORY
BH (Beisteigui Hermanos) is created in Eibar
1909 Born BH (Beisteigui Brothers) in Eibar

BHは1世紀以上もの間、バイク、サイクリング、スポーツマンシップや自己革新の象徴とも言えるような存在であり、ほとんどの子供たちが人生で初めてのペダリングをBHの自転車で体験して来た。そして、伝説的なサイクリストもまたBHの自転車で伝説を作り上げたのである。


BH(Beistegui Hermanos)は第一次世界大戦中の1909年、Cosme、Domingo、Juan Beistegui Albistegui の三兄弟によって、 スペインのエイバルにおいて武器(拳銃などの軽量銃器)を生産するメーカーとして会社を設立し、そこから始まる長い歴史を歩み始める。


その後、第一次世界大戦が終わったのを受け、それまで培った技術的ノウハウを最大限に活かす為に、復興への道を歩む戦後の市民へ武器ではなく生活を豊かにするものづくりが出来ないかと模索する日々を過ごす。そして、試行錯誤を繰り返す毎日の中で彼らが出した答えは、軽くて、機敏で、信頼できる自転車を世に生み出すことであった。


これが、スペイン国内に留まらず、世界中にいる数多くのサイクリストから愛されているBHブランド誕生の瞬間である。そして技術革新への前向きな取り組みとたゆまぬ努力を続ける姿勢は、自転車愛好家や競技者へ、今もなお、大きく貢献し続けている。


1935年から始まったスペイン最大のステージレースVuelta a Espanaでは、第1回、第2回の2大会をBHチームのベルギー人Gustave Deloor(1913年〜2002年)が連続で勝利した。これを皮切りにBHチームはVuelta a Espanaで通算7回もの歴史的な勝利を収めたのである。さらに、1986年TEAM Zor-BHのエースAlvaro Pinoは11日間に渡りリーダージャージを着続け最後のタイムトライアルでも勝利し、第41回Vuelta a Espanaを勝利で飾った。


1987年には同チームのFederico EtxabeがTour de Franceの第20ステージ(ラルプ・デュエズがゴールの山岳ステージ)で勝利し、Tour de Franceで勝利を収めた初のスペイン人サイクリストとして歴史にその名を残した。近年ではLiberty SegurosやAG2Rなどのチームへバイクサポートを行い、世界のトップレースを共に戦った。


サイクルスポーツにおける大きな成功と同調して、会社としても飛躍的な拡大を遂げ、企業活動はより広範囲なグローバル化を遂げていく。1959年には工場をビトリアへ移転させ、より最新の設備と広大な敷地での製品づくりを開始。そこではロードバイクやマウンテンバイクだけでなくフィットネス用の室内自転車や電気自転車部門においても、より高品質な自転車や部品の開発に数多くの優れた研究者らと共に取り組んでいく事となる。


製品づくりは主に、剛性、軽量、耐久性に特化されたカーボンフレーム、国際特許を取得しているダブルサスペンションリンクのマウンテンバイクなど、世界中の熱心なサイクリストから寄せられる要望に応え続け、その進化のスピードは増すばかりである。



2015年現在、BHグループは63社を抱える大企業へと発展し、銀行などの金融業、大型バイクの世界シェア9割にも及ぶバイクのシートメーカー、スポーツクラブなどで愛用されるフィットネスメーカー、特殊CNC切削機器の製造メーカー、BMWやBOSCHとのパートナーシップにおけるスポーツサイクル開発と生産など、数多くの事業を世界中において手がけている。


自転車部門においてはスペイン本社を中心として、アメリカ、フランス、イギリス、オーストラリア、中国、台湾にデザインや生産を担う現地法人を設立し世界各国でグローバルに展開。2014年10月には日本国内においてより強力な販売支援体制とライダーサポートを行うためにBH BIKES JAPAN 株式会社を設立。


会社の創業から100年以上経った今でもBeistegui一家がBHを牽引しており、現在の会社代表で4代目となるが、設立当初からの信念や自転車への熱い情熱を力強く引き継いでいる。BHはこれからもその信念のもと、全世界のスポーツを愛する人々がよりスポーツを通して豊かになること、健康になることをサポートしていきたいと切に願っています。